探偵の元カノ探し|未練がある元カノに再会するには

2023-04-04

元カノを探したいさまざまな理由

未練が残っている元カノを探したいと思ったことはありませんか?

人探しのプロである探偵に調査の依頼をすることで元カノを探すことができます。

「別れた彼女ともう一度会いたい」「話したい」「よりを戻したいけど、連絡手段がない」と、お悩みの方は、こちらの記事を参考になさってください。

再会を諦める前に、人探しの専門家が元カノ探しをサポートいたします。

一緒に前に進める方法を導き出していきましょう。

 


元カノを探したいという理由はさまざま

元カノを探したい「理由」や「目的」「最終的にどうなりたいか」は、ご依頼によって様々です。

忘れたつもりでいても、何かのきっかけで「会いたい」となることもあるでしょう。

別れることになった理由やその時の状況にもよりますが、一度別れた女性との再会はとても難しく、会いたくても会えないと悩む男性も少なくありません。

悩みを抱えたままにせず、どのように解決していくかが重要です。

もやもやを抱えたままよりも、スッキリしませんか?

 

■元カノに未練が残ってしまった原因

・両親に反対され別れるを得なくなった

・浮気など、自分に非があり別れることになった

・遠距離恋愛に耐えられなかった

・環境が変わってうまくいかなくなった

・曖昧な理由で別れを告げられ納得できないまま別れてしまった etc...

 

■実際の相談事例

「元カノに会ってもう一度やり直したいと伝えたい」

相談者:36歳男性

私には5年間付き合っていた彼女がいました。私の実家は和菓子屋で、将来は和菓子屋を継ぐ予定でいたんです。

正式に結婚の申し込みを彼女にして、私の実家に挨拶に行ったのですが、今まで彼女と仲良くしてくれていた両親が結婚を反対してきたのです。

理由は親戚の借金を親が肩代わりしているということから、借金を背負う覚悟があるのか?というものでした。

彼女はそれでも一緒に頑張りたいと言ってくれていたのですが、頑なに結婚を許してくれず、私も真剣に考えた結果、幸せにしたい彼女に苦労はさせたくないと別れる選択をしました。

そこから私は家業を注いで和菓子屋を経営していたのですが、一つのアイディア商品がSNSで話題になりまして、この5年で借金を返済することができたんです。嬉しさの反面、こんな未来が予測できたなら彼女と別れる選択なんてしなかった。という気持ちが出てきてしまっています。

きっと彼女となら乗り越えられていたし、完済できた喜びも、絶対今よりももっと大きかったはずでした。そう思ったら、どうしても彼女に会いたくなってしまって。

彼女はもう結婚していると思いますが、もう一度だけ会いたいです。もし1人なら、もう一度一緒になってくれないかと伝えたいです。連絡先もお互い一緒に消したので残っていません。どうにか探していただけませんか?

◆専門家の意見

元カノを探して欲しいというご相談はとても多いです。同棲もしていたとのことですし、結婚も考えご挨拶にも行っているということから、彼女の情報はたくさんお持ちなのかなという印象ですので、彼女を探すのはそこまで難しくないと言えるでしょう。しかし、会いたいとお考えであれば、結婚が破談になっていることを考えますと、第三者の介入があったほうが良いと感じています。まずは彼女についての情報を整理した上で無料相談にて相談してみてはいかがでしょうか。お手伝いできることがあるかもしれません。

探偵が行う元カノ探しとは

元カノの人探し調査とは、元カノの居場所や連絡先を探すことを言います。

もしあなたの目的が再会であれば、住所や職場を特定せずとも、よく使う駅や時間帯を知ることで、再会に近づくことができるというわけです。

■探偵による元カノ探しの調査方法

探偵に依頼する最大のメリットは元カノや周囲にバレるリスクが無いということと、元カノとのトラブル発展の危険性を無くせることでしょう。

特殊工作員による、個人では困難な情報の取得や、聞き込み・張り込み・尾行調査を慎重に実行します。

依頼内容によっては調査費用が高額になることも。

えびす探偵興信所では依頼者にご予算や目的に応じて面談を行いながら調査内容を決めていきます。

 

■探偵に依頼した際の調査料金について

当社では平均して30万〜60万円での依頼が多く見受けられます。

元カノ探しの調査料金は事前情報の多さや信憑性・年数の経過、取得したい情報の種類、調査の難易度、調査期間によって変わってきます。

■元カノの人探し調査の料金項目

 

着手金

調査依頼の契約の際に、調査開始前の着手金(前払い金)が発生します。基本的には着手金が支払われてから調査を開始します。

基本料金 基本料金とは、人件費や諸経費などは含まれない基本の料金です。人探しでもないようによって基本料金が異なりますが、比較的簡単な調査では、基本料金だけで依頼を受ける場合もあります。
人件費 人件費は、調査にかかる調査員の人数によって変動します。人探しの場合は最低5人の調査員で動くことが多ですが、データ調査のみの場合は1人以上の調査員が動くことはありません。
諸経費 調査諸費用とは、調査中に発生しうる交通費などです。調査の途中で調査範囲を広げる必要性がある場合など、状況に応じて変動することがあります。
成功報酬

依頼に対して結果が得られた場合に報酬が発生します。依頼者の目的に沿った結果を報告することで支払いをしますが、難易度によっては一度の支払いが高額になることもあるため、事前に担当者への確認が必要です。

 

■ 実際の料金事例

料金事例①

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

余分な情報も含め、多くの情報を収集する場合

合計120〜200万円(税込)以上

料金事例②

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

基本的な人探し調査

合計60〜120万円(税込)前後

料金事例③

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

少人数調査・必要最低限の情報収集

合計20〜60万円(税込)前後


過去の事例と全く同じ相談内容や状況はあり得ません。ご依頼ごとに料金は異なります。

ご予算をお知らせいただけましたら、ご予算内で行える最適なプランをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

また、秘密は絶対厳守となっておりますので、安心してご相談いただけます。

元カノを探す5つの方法

1. インターネットで名前検索をする

仕事柄SNSやブログの名前を本名で行っている人はすぐに見つけられる可能性があります。

職場のホームページに情報が載っている人もいますし、まずは検索をかけてみましょう。

名前と一緒に「出身地・出身校・学生時代の部活・サークル」など、他のキーワードもつけて検索してみると、見つかる可能性が高くなります。

2. SNSで探す

InstagramやTwitterなどはニックネームなどを使用している可能性が高いので、元カノに辿り着くのは難しいかもしれません。

しかし、Facebookは原則、本名での登録となっています。他のSNSと比べて見つかる可能性は高いと言えるでしょう。

「出身地」や「出身校」を知っている場合は、名前と一緒に検索してみてください。

3. 友人や知人に聞き込みをする

共通の友人や知人がいる場合には、聞いてみると、情報が得られる可能性があります。

学生時代の彼女なのであれば、別れてから会ってないんだけど結婚したのかな?と聞いてみるのもいいかもしれません。

ですが、しつこく聴きすぎてしまうと怪しまれてしまい、情報を得るのが難しくなってしまいますので、ほどほどに聞いてみることをお勧めします。

4. 画像検索をしてみる

画像検索をすれば思わぬところでブログがヒットしたり、SNSがヒットしたりなど、見つかる可能性は大いにあります。しかし、検索をかけた写真と同じ写真を彼女が上げている場合に限るので、別の人がヒットしてしまうかの可能性もあります。

5. 探偵に依頼する

どんな手を尽くしても見つけられない時は、人探しのプロである探偵に頼るのも一つの方法です。

自分で探すとなるとお金はかからないかもしれませんが時間と労力がかかります。

探偵に依頼することでお金がかかるというリスクはありますが、例え苗字しかわからなくても、彼女に対する情報が少なくても、探偵独自の連絡網から探し当てることができます。

また、依頼者が探しているということは周囲にバレることがありません。

再会のお手伝いも必要であれば請け負う探偵社もいますので、自分だとうまく再会できるか不安と感じているのであれば、一度相談してみることをお勧めします。

 

 

元カノを自分で探すデメリット

1. 見つけるのに時間がかかる

元カノの友人が必ずしも近況を知っているわけではありません。

共通の知人であれば、別れている原因も理由も知っているはずです。

もし近況を知っていたとしても教えてくれる可能性は低いと言えるでしょう。

別れた後に引っ越しをしていたり、実家に帰っているなど、年数が経てば立つほど状況は変わります。人探しのノウハウがなければ情報を得るのも一苦労。手がかりが得られないまま時間が過ぎていく。ということも考えられます。

2. ストーカーと間違えられる可能性がある

探して行って、少しでも情報が得られてくると、もう少し、もう少しとだんだんヒートアップしてしまう人が多く見受けられます。

会いたいという気持ちが強すぎて、彼女のことを探しすぎてしまうと、ストーカーと間違えられる危険性もあります。そうなれば、彼女のことを見つけたとしても、接触すらできなくなりかねません。

また、過去には、自力で探したことからストーカー扱いされてしまい、会うこともできなくなってしまった事例があります。

探偵に依頼する際のQ&A

依頼する際の面談は必ず会ってしなくてはならないんですか?

そのようなことはありません。会うことに抵抗があるという方は、電話などで調査内容の確認等をさせていただきます。

 

予算が決まっているのですが大丈夫ですか?
無料相談ではご予算内で可能な調査をご提案いたします。最低限の調査でもやらないよりははるかに有益です。予算がネックになっている方もまずはご相談ください。

 

最短でどのぐらいで見つかるのでしょうか?

一概にどのぐらいでというのは依頼内容やお持ちの情報により異なりますが、ご依頼を受けてから最短1週間で見つかったというようなケースもあります。ですが、一週間の場合はかなり情報が充実している場合に限ります。実際には1ヶ月から3ヶ月と考えていただければ良いかと思います。

 

探偵に人探しを依頼する際の注意点

近年、探偵社による不当な料金の請求・調査終了後に高額な諸経費を請求されるトラブルが問題視されております。

あれもこれもと契約外の調査を追加され、当初の見積もりとかけ離れた高額な料金を請求されるトラブルも多く見受けられます。

また、依頼を受けたのにもかかわらず、まともに探さない悪徳な探偵社も存在します。

これらの探偵社を見破るためにはどうしたらいいのでしょうか?

■デメリットやリスクに関しての説明を必ず聞く

調査依頼をお願いするにあたり、その探偵社が信頼できるかどうかの判断をするには

ご依頼者に対してデメリットやリスクの説明がちゃんとあるかどうかが重要です。

もしご自身が「こうして欲しい」という要望に対して、「それはリスクが伴います」など、担当者がその理由の説明をちゃんとしてくれるのであれば信用しても良いと言えるでしょう。

何に対しても「大丈夫です」と言っていたり「必ず見つかります」というような探偵社には気をつけた方が良いかもしれません。

■探偵が依頼を断るケース

探偵の人探し調査では、違法な差別や犯罪行為を目的とするご依頼や違法行為による情報収集はお受けできません。

面談に来ていただいたとしても、調査をすることで事件につながると判断した場合は依頼をお断りさせていただきます。

 

人探しは違法なの?

どんなのが違法なのか