好きだった人探しの相談事例と探偵への依頼方法

2023-04-03

好きだった人探し調査について

好きだった人を探したい

好きだった人にもう一度だけ会いたい

悔いを残したくない

好きだった人との何気ない出会いや別れで、気持ちを伝えれなかったことを強く後悔しているという人は少なくないはず。その時、一般人が自力で好きだった人を探そうにも簡単にはいかないでしょう。今回は、好きだった人探しを検討している方に向けて、体験事例を踏まえて探偵の依頼方法や料金などをご紹介していきます。


好きだった人探し調査とは

好きだった人探し調査とは、あなたが好きだった人の居場所や連絡先を探すことです。もしあなたの目的が再会して告白したいということでしたら、住所や職場を特定せずともよく使う駅や時間帯を知れべばいいわけです。しかし無理な調査をするとストーカー行為になる危険性もあります。探偵では、そのようなリスクを考慮しながら、依頼者に教える情報を仕分けしていきます。

探偵による好きな人探しの調査方法
探偵に依頼する最大のメリットとしては調査対象者にバレるリスクや、対象者とのトラブル発展のリスクを無くせることでしょう。

特殊工作員による、個人では困難な情報の洗い出しから、聞き込み・張り込み・尾行調査を慎重に徹底して実行します。
また、警察には取り合ってもらえないような案件、事件性のない案件に関しても探偵では依頼を受け付けております。
以下は探偵の調査の流れです。
・データー検索や資料の取得、登録データ検索
・SNS調査
・特殊工作員による聞き取り調査、身辺確認、 風評調査
・張り込み調査
・尾行
しかし依頼内容によっては調査費用が高額になる場合があります。
えびす探偵興信所では依頼者のご予算や目的に応じて、面談を行いながら調査内容を決めていきます。
人探しでお悩みの方はぜひ一度無料相談をお試しください。

相談事例:好きなカフェの店員を探したい

青森県の相談者:30代男性

職場の近くのカフェで働いていた店員さんが好きでした。大手チェーンのカフェではなく、個人店だったので、店員さんと会話する機会が多かったです。彼女と話すうちに彼女の性格と可愛らしい表情に魅了されていきました。ですが、まさか突然辞めてしまうとは思ってもいませんでした。私は彼女を食事に誘う勇気を出せず躊躇っていたことを後悔しています。当時は連絡先を聞く勇気もなかったので、彼女については下の名前しかわかりません。店員さんに聞くのは怪しまれると思い聞けずにいます。彼女に再会して気持ちを伝えたいので、彼女を探してください。お願いします。

専門家の意見

好きだった店員を探してほしいという方は少なくありません。会話をする機会は多いものの、店員と客という関係から、なかなか踏み入った会話はしづらいものです。今回、もしお店の人に辞めた店員の居場所を聞けば怪しまれる可能性があり、返って調査がしづらくなる恐れがあります。下の名前でも十分調査は可能なので、同じ悩みをお持ちの方は気軽に無料相談をお試しください。

好きだった人を探偵に依頼する3つの理由

好きだった人探しを依頼する方の背景はさまざまですが、基本的には以下の3つの理由が代表的です。順番に紹介してきましょう。 

自力で見つけることができない
好きだった人がいつの間にか消息を絶ってしまい、自分自身では見つけることができない場合があります。このような場合、探偵に依頼することで、プロの技術やネットワークを活用して、見つけ出すことができます。

 

連絡先を紛失してしまった
好きだった人との連絡先を紛失してしまった場合、再び連絡を取りたいという思いが生まれます。しかし、自分自身で連絡先を探すことができない場合もあります。このような場合、探偵に依頼することで、その人の居場所や連絡先を特定することができます。

 

内密に探したい
探偵に依頼する最大のメリットは、調査活動が周囲の人や調査対象にバレないことです。状況によっては、探していることが相手にバレた段階で調査を続けることができなくなる場合があります。

好きだった人探しの料金相場

好きだった人探し調査の料金項目について
好きだった 人探し調査にかかる費用項目は、主に下記のような種類があります。

着手金

着手金とは人探し調査の依頼申し込みの際、調査前に支払う依頼料(前払い金)をいいます。通常の人探し/行方調査ではこの着手金が支払われてから調査を行います。すべての料金が後払い制の探偵興信所では着手金が無い場合もあります。

基本料金 調査の基本料金とは人探し調査依頼の基本となる依頼料を言います。単純調査(簡単な調査)依頼ではこの基本料金のみで受けることができる案件もございます。基本料金はそれぞれの人探し調査内容によって設定が違いますので、基本料金にはどのようなサービスが含まれているのか事前に確認が必要です。
延長料金

延長料金とは基本料金内の調査を延長する際の料金を言います。例えば家出人捜索で7日間調査を依頼した場合7日間以上の調査をする場合は、任意(依頼者確認後)にて継続することが可能です。難易度の高い調査では時間・日数を延長することで発見に至ることも多々あります。基本料金の範囲内で発見できた場合には延長調査は必要ありません。

人件費 調査員人数による人件費とは、調査に必要であろう調査員人数によって異なる人件費のことをいいます。調査員人数によって異なる料金システムは探偵興信所によって様々ですが、通常人探し調査1案件に対して5~7人が相場です。
諸経費 調査諸費用とは、人探し調査中にかかる交通費(電車やバス・高速代)や燃料代(車両を使用した場合)や潜入費(対象が入った飲食店代やホテル代等)を言います。諸費用は対象者の情報収集範囲によって変動するため調査期間に入らないと分かりません。但し状況によって特別な経費必要があると判断した場合は、依頼人に確認します。(例、飛行機で長距離移動)
成功報酬

成功報酬とは、依頼した人探し調査の結果が判明(成功)した場合のみに支払う依頼料をいいます。人探し行方の難易度などによって全額が変わるため事前に確認しておく必要があります。

 好きだった人探し調査の一般的な料金相場
各探偵業者によって取り決め方法が異なりますが、人探し調査の内容によって様々です。情報収集の難易度であったり、日数、人数などにより規模が変わるため、どの調査も一律の料金ではありません。人探し行方調査の「高い」「安い」「一般的」を判断するためには、探す人物の情報をできるだけ多く用意し、依頼人も調査に協力できることが低費用に繋がります。また、依頼に関してはどんなケースでも調査を受けられる訳ではございませんので、まずは相談員や担当者に相談し、適切な依頼ができるかどうかを判断しましょう。

下記は人探しを専門に取り扱う探偵社の一般的な料金相場を高い→安いの順で表記しております。ご参考下さい。

好きだった人探し調査 調査期間20日間以内

高めの探偵興信所

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

合計120〜200万円(税込)以上(※余分な情報も含め、多くの情報を収集することが多い)

一般相場の探偵興信所

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

合計60〜120万円(税込)前後(※基本的な人探し調査が主流)

安めの探偵興信所

人探し基本料金・情報収集料金・成功報酬・諸経費等

合計30〜60万円(税込)前後(※少人数調査・必要最低限の情報収集が特徴)

※好きだった 人探し調査の料金費用についてのご相談は専用窓口にて、24時間受付しております。
秘密は絶対厳守となっておりますので、安心してご相談いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

好きだった人探し調査を依頼する前に準備すること

好きだった人探し調査依頼の前に

好きだった人探し調査を行う前に、事前に分かる情報やご自身で調べられる事は用意しておきましょう。事前の情報が多い事で、調査時間を短縮することができ、費用削減に繋がります。

・対象者の当時の住所(実家など)
・対象者の名前
・対象者の生年月日
・対象者の行きつけのお店
・対象者の出身
・対象者の人間関係

また、調査の最終目的を明確にしておく事で、依頼者が納得のいく結果を得ることができます。周りには言いづらい目的があったとしても、探偵には伝ええることが重要です。初めての探偵依頼で不安な方は、担当者としっかりと面談を行ったうえで依頼を決める事を推奨しております。

好きだった人探し調査の依頼方法

好きだった人探し調査の依頼の流れ

えびす探偵興信所への調査依頼を行う際には、契約をする必要があります。依頼の前に無料相談を実施することがきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。


①電話・メール・LINEにて無料相談

②面談にて詳しい状況のヒアリング、調査方法や料金の説明

③見積もりと調査内容の提示

④重要事項の説明

⑤契約

※えびす探偵興信所では犯罪やストーカー、暴力を助長するような依頼はお断りしています。ご依頼社には契約の際に誓約書を必ずご確認いただき、同意していただきます。

人探し調査について専門家に相談したい -青森県青森市

好きだった人探し調査に必要な書類
好きだった人探し調査のお申し込みには下記の3つの書類が必要となります。

・調査委任契約書 (費用や期間など契約に関する内容を確認していただきます)
・重要事項説明書 (探偵業法を含む重要事項の確認をしていただきます)
・誓約書 (調査結果を不当な理由で利用しないお約束をしていただきます)
以上3点

※身分証明書 (本人であることの証明の確認。)

好きだった人探し調査の注意点

相手に関する情報

探す人(調査対象者)に関する情報はできる限り知っている情報・当時の記憶や、状況などを担当者に伝える必要があります。対象者の働いていた店舗情報、本人の名前、特徴、人間関係や、環境、いなくなった時点の状況など、分かる範囲の事はすべて伝えておきましょう。

調査料金 成功報酬や前払い契約などによって条件や料金が変わるようであれば、よく検討してから依頼しましょう。前もって、十分に相談し、判断する事をお勧めします。
注意点 調査期間の目安はどれくらいなのか、調査開始後、早期発見できるのか、長引きそうなのか、事前に調査期間の目安を確認をすることが大切です。調査期間の延長ができるのか、ほかに費用が必要なのか、成功報酬の場合、料金はどれくらいかかるのか、予めよく確認しましょう。

 

好きだった人探し調査の専門家への相談

好きだった人探し調査に関するご相談は専門で行う探偵、興信所をお勧めいたします。

好きだった人探し調査に関するご質問や料金のご案内については、専門家までお問い合わせ下さい。調査会社によっては得意な調査や不慣れな調査などもございます。予め何が得意分野なのか確認をしておくことが大切です。探偵興信社では、初めてのご相談でも安心してご利用いただけるよう24時間いつでも人探し専門の探偵が対応しております。

無料相談は24時間、お電話とメールから受け付けています。