愛人調査のご案内

2024-02-15

愛人調査の依頼事例と愛人調査に関する知識 ‐北海道 ‐

えびす探偵興信所では愛人調査の目的や愛人調査の相談・事例依頼方法や料金など、愛人調査に関連する様々な知識、情報をご提供します。愛人問題でお困りな方、悩んでいる方、愛人調査依頼をお考えの方は、先ずはお気軽にご相談ください。

 

愛人調査とは



パートナーの不倫や浮気を疑う場合、愛人がいるのでは感じた時に行われる調査です。この調査の目的は、パートナーが不適切な関係を持っているかどうかを確認し、証拠を収集することにあります。

 

愛人調査の目的は状況によって異なります


愛人調査は、依頼者の状況や目的に応じて多岐にわたる内容を含みます。多くの場合、愛人関係が長期間にわたって続いていることや、財産が愛人に流れている可能性が発覚したことから、調査が行われます。このような調査は、一時的な浮気よりも複雑で深い関係の解明を目指します。愛人調査の主な目的は以下のとおりです:

愛人関係の状況の確認: パートナーと愛人との間にどのような関係があり、どれくらいの頻度で会っているのか、どのような場所で密会しているのかなどの詳細を知りたいと考えています。この情報は、関係の性質や深さを理解する上で重要です。

愛人の身元や身辺情報の確認: 愛人の職業、居住地、社会的背景、財務状況などの情報が収集されます。これは、愛人が依頼者やその家族に与えうる影響を評価するためや、将来的な問題を予防する目的で行われます。

不貞行為の証拠収集: 法的な手続き(例えば離婚訴訟)において、不倫や浮気を証明するための具体的な証拠が必要になることがあります。探偵は、不貞行為の証拠となる写真やビデオ、通信記録などを確実に収集します。

 

愛人調査の依頼事例

愛人がいるか確かめたい調査: 配偶者の行動が読めず、何か隠し事をしているみたいな為、調査依頼

愛人がいることは知っているが認めない: 明らかに行動や言動におかしなところが目立つのだが、本人に確認しても言わない為、調査依頼

愛人の名前だけは知っている素行調査: 名前を突き止めているが済んでいる場住所や年齢、なにをしている人物なのかなどわからないので調査依頼

長期にわたる不倫関係の証拠収集: 配偶者が長年にわたり愛人と不倫関係にある疑いがあり、その証拠を収集するための調査依頼。

財産分与に関する調査: 離婚手続きにおいて、配偶者が愛人に財産を隠れて移転している可能性がある場合の調査依頼。

配偶者の行動パターンの解明: 配偶者が定期的に不在になる理由を調べ、愛人との関係性があるかどうかを明らかにするための調査。

愛人とされる人物の身元調査: 配偶者が不倫をしている疑いがある相手の社会的背景、職業、居住情報などを知るための調査。

子供がいる場合の影響調査: 配偶者の不倫関係が子供に与える影響を調べるため、または不倫相手との間に子供がいる可能性がある場合の調査。

離婚訴訟のための証拠収集: 離婚を進めるにあたり、裁判所に提出するための不貞行為の証拠を集める調査。

 

愛人調査の依頼事例 依頼者の声

『結婚して2年、夫に愛人がいるような話を耳にする』(30代女性・主婦)

夫とは知り合って1年もしないうちに結婚、そして出産、毎日家事に追われる日々でしたが、先日知人から夫が別の女性と一緒にいるところを見たとの情報。夫は会社を経営してますが、仕事の事や、どのような動き方をしているのかなど聞いたことがありません。そんな中、夫の目撃情報が入りました。話によると、周りから見ても普通の関係ではない気がするとのこと。夫のことは良く知らないので、ここで夫がどういう行動をしているのか確かめたくなりました。また知人の話に出た女性が何者なのか調べたいと思います。

 

専門家の見解

今回のご相談は「身辺調査」に分類されます。ご主人の仕事での過ごし方や誰と会っているのかも含めて、様々な項目の調査が可能です。相談者様がおっしゃる通りの可能性も踏まえて専門スタッフが調査をさせて頂き、プロが解決に導かせて頂きます。夫婦間の疑念はトラブルに発展しないうちに解決することが重要になります。先ずは調査の専門家へ相談しましょう。

 

 

愛人調査の依頼方法と愛人調査料金ガイド 北海道厚岸郡厚岸町

愛人調査のご依頼手順

事前調査の実施



もし配偶者が愛人関係にある可能性を感じたり、実際に愛人の存在が明らかになった場合は、相手を直接問い詰める前に、日常の行動パターンや持ち物を注意深く観察することが重要です。例えば、帰宅や外出の時間を記録するなどの準備をしておくと、後の調査プロセスがスムーズに進行します。事前に収集した情報が多ければ多いほど、調査の依頼費用が削減される場合がありますので、配偶者や疑わしい相手に関する情報は、なるべく詳細に収集しておくと良いでしょう。また、愛人に関する情報が事前に得られていれば、調査の方法を多角的に検討でき、より効率的に進めることが可能になります。

 

愛人無料相談のご活用



配偶者の愛人関係についてある程度の情報が集まったら、次のステップとして、専門家に相談することをお勧めします。愛人調査に関する料金や調査手法、依頼の流れについて、詳細な情報を提供いたしますので、ご自身で解決策を模索する前に、まずは無料相談をご利用ください。

 

愛人調査の目的・費用・手法の確認



愛人調査についての相談では、まず調査の目的を明確に伝えることから始めます。調査の目的によっては、採用する手法や必要な期間が変わり、それに伴って費用にも影響が出ます。適正な料金設定と信頼できる調査結果を得るためには、専門家と十分に打ち合わせを行い、両者の協力のもとで調査を進めていくことが重要です。

 

愛人調査依頼の手続き



専門家との相談を経て、愛人調査の依頼を行うことになった場合、探偵業法に基づく書式の書類(調査委任契約書、重要事項説明書、誓約書など)への記入が必要となります。問題のないスムーズな依頼を実現するためにも、専門家との充分な打ち合わせを基に、申し込み手続きを進めてください。

 

愛人調査の料金ガイド


愛人調査の料金は、業界内で大きな差があり、これは探偵業界において料金設定が一律に定められていないためです(独占禁止法の規定による)。調査の目的は主に愛人関係の実態の確認や情報収集にありますが、料金の違いは広告宣伝費、人件費、調査技術の差など、探偵社によって異なる要素に基づいています。愛人調査においては、150万円から始まる場合もあれば、3万円からという探偵社も存在しますが、重要なのは調査内容の質と、その費用に対する納得感です。最適なサービスを適正な価格で依頼することが肝心です。

愛人調査料金体系
当社では、ご依頼にあたりお客様の具体的な状況や持っている情報量に応じて料金が変動します。詳細な料金見積もりについては、お客様からの具体的な情報提供を基に、お答えすることが可能です。

愛人関係確認調査 3日間(1日約3時間):120,000円~150,000 別途交通費等
5日間(1日約4時間):200,000円~250,000 別途交通費等
不貞証拠収集調査 3日間(1日約3時間):150,000円~250,000 別途交通費等
5日間(1日約4時間):300,000円~500,000 別途交通費等
愛人の情報調査 詳細は調査内容により異なります。
お客様のニーズに合わせた柔軟な料金設定で、必要な情報を必要なだけ、納得の行く形で提供いたします。ご不明点やご相談があれば、いつでもお問い合わせください。

はじめて探偵に調査を依頼する 

愛人調査
初めて探偵に調査の依頼をお考えの方にとって大切なのは真実を知ること。愛人関係の確認や愛人の情報収集をするために、愛人調査でどのくらいの料金であるかを知ることです。愛人調査は、多大な費用をかければ納得のいく結果が手に入るということではありません。大事なのは自分に見合った適切な料金で依頼をすることです。また、愛人調査を依頼することで、事実が判明したとき、確実な今後の対処を考える事も重要です。愛人調査、問題に関する悩みや困り事は必ず専門家へ早めに相談しましょう。

愛人調査でわかること 北海道

不倫や浮気に関する統計やデータは国や地域、調査機関によって収集されていますが、これらのデータは時代や文化、さらには調査方法の違いにより大きく異なることがあります。また、不倫や浮気に関する調査はプライベートな性質のため、正確な数字を得るのが難しい領域でもあります。しかし、一般的に公開されている研究や調査からは、以下のような傾向が見られます

不倫や浮気の割合: 成人男女の中で、生涯にわたって不倫や浮気を経験する割合は国や文化圏によって異なりますが、一部の調査では男性の20%から60%、女性の10%から40%が何らかの形で不倫や浮気を経験していると報告されています。

愛人関係の期間: 愛人関係の平均的な期間も大きく異なりますが、数ヶ月から数年にわたるケースが多いようです。一部の関係は数週間で終わることもあれば、10年以上続くケースもあります。

不倫や浮気の理由: 不倫や浮気をする理由は多岐にわたり、感情的な満足の不足、性的な不満、冒険への欲求、またはパートナーとの関係性に対する不満などが挙げられます。

発覚の影響: 不倫や浮気が発覚した場合、関係の修復が困難になることが多く、多くの場合、離婚や長期的な信頼関係の損傷につながります。

社会的態度: 不倫や浮気に対する社会的態度は国や文化によって大きく異なります。一部の社会では厳しく非難される一方で、他の社会では比較的寛容な態度を取る場合もあります。

 

愛人調査の相談で変わること

愛人関係をしている期間(年数)は?

1 3~5年 40%
2 5~10年年 24%
3 1~2年 21%
4 10年以上 7%
5 1年未満 5%
6 その他 3%

えびす探偵興信所の相談者・依頼者からの収集したアンケートのデータ

愛人を持つ動機は、個人の心理的な欲求や外部環境、関係の質など、複合的な要因により様々です。愛人関係に至る経緯や理由は、ケースバイケースで大きく異なります。

愛人関係はさまざまな形がありますが、比較的長期的な関係にあることが多く見受けられます。深い関係にある場合、複雑な問題に発展することも考えられるため、疑いを持った時点で早めに対応、対策をされることをお勧めします。

なぜ愛人をつくるのか?

愛人をつくる理由 背景にはどんなことが隠れてるのか


愛人を作る理由は多岐にわたり、個人の感情、心理状態、生活環境、文化的背景などに深く根差しています。どんなことで愛人をつくるのか一例を挙げてみます

感情的な欠如: 現在のパートナーシップや結婚生活で感情的な満足感や愛情、理解が得られないと感じることが原因で、他者からこれらを求めることがあります。

性的満足の不足: 性生活における不満や欲求不満が、他者との性的関係を求める動機となることがあります。

新鮮さや興奮の追求: 長期間にわたる関係の中で日常生活がマンネリ化し、新鮮さや刺激、冒険を求めて愛人関係を持つことがあります。

自己肯定感の向上: 自分を望ましい、魅力的な人物と感じさせてくれる新たなパートナーを求めることで、自己価値や自尊心を高めようとする場合があります。

逃避: 個人的な問題や現実からの逃避、ストレスの解消手段として、愛人関係を持つことがあります。

社会的・経済的地位: 特に愛人が提供できる社会的、経済的利益を求める場合もあります。これは、物質的な利益や社会的な地位の向上を目的とすることがあります。

感情的なつながりや友情: 性的な関係だけでなく、深い感情的なつながりや友情を求めて愛人関係を築くこともあります。

文化的・社会的背景: 一部の文化や社会では、複数のパートナーを持つことが許容されている場合があり、そのような環境下では愛人を持つことが一般的な行為となっている場合もあります。

 

愛人を持つ動機は、個人の心理的な欲求や外部環境、関係の質など、複合的な要因によって決定されます。したがって、愛人関係に至る経緯や理由は、大きく異なります。

愛人調査に関するFAQ 北海道

愛人調査に関するFAQ 

質問1: 私の夫が愛人を持っているかもしれませんが、相手の詳細はわかりません。それでも相手を特定することは可能でしょうか?

回答: はい、愛人の特定は可能です。もし相手についての具体的な情報がない場合でも、配偶者の日常の動向を追跡し、その過程で接触する人物を特定することから始めます。この方法で、関連性の高い人物に関する情報を徐々に収集していきます。調査の過程で時間と費用が増加する可能性がありますが、最終的には相手が誰であるか明らかにすることができます。

 

質問2: 愛人と何度も接触しているので、相手も私たちの動きを警戒しています。調査を相手に気づかれずに実施することは可能ですか?

回答: はい、私たちの調査は完全に秘密裏に行われ、対象者に知られることなく進められます。相手が警戒している場合でも、専門技術と経験を駆使して慎重に調査を行います。しかし、より効果的な調査を実施するためには、依頼者様からの情報提供やご協力をお願いすることがあります。

質問3: 本当のことを知るのが怖いです。どうしたらいいでしょうか?

回答: 調査依頼は大きな決断を必要としますし、不安に感じることはごく自然なことです。知らずにいるほうが良いかもしれないと思うかもしれませんが、愛人問題は放置するとより複雑化する可能性があります。不安や疑問を持ちながら日々を過ごすことは精神衛生上良くなく大きな負担になります。一歩踏み出して専門家に相談することで、問題に対する明確な解決策を見つけることができます。安心して第一歩を踏み出してみてください。

愛人関係を辞めさせるには?

パートナーが愛人を持つ行為を止めさせるためには、根本的な問題に対処し、関係を修復するための積極的なステップを踏む必要があります。パートナーとの関係を改善し、不倫や浮気のサイクルを終わらせるための効果的なアプローチが必要です。

オープンなコミュニケーション


疑念や感情を正直に共有し、パートナーとの間でオープンな対話を持つことが重要です。問題を解決するためには、お互いの感情や期待について話し合い、理解し合う必要があります。

カウンセリングやセラピーの利用


専門家の助けを借りることで、関係の問題をより深く理解し、健全な方法で対処することができます。カップルセラピーは、関係の修復とコミュニケーションの改善に役立ちます。

信頼の再構築


 不倫や浮気は信頼を損ないます。パートナーと一緒に、信頼を再構築するための具体的なステップを踏むことが重要です。これには時間がかかることがありますが、お互いに約束を守り、誠実さを示すことが必要です。

関係の評価と改善


パートナーが不倫をする理由を理解し、関係内での問題点や不満を解決するための努力をすることが重要です。これには、感情的な接続を深めるための時間を共有する、性生活の質を改善するなどのステップが含まれます。

個人的な成長と自己改善


お互いに自己改善に取り組むことも、関係を改善する上で効果的です。個人としての幸福感を高め、パートナーとの関係にも好影響を与えることができます。

境界の設定


どのような行動が許容され、どのような行動が許容されないかについて、明確な境界を設定し、お互いに合意することが重要です。

共通の目標と価値観の再確認


長期的な目標や価値観を共有し、それらを達成するために協力することで、関係の絆を強化することができます。

 

パートナーが愛人を持つ行為を止めるためには、問題の原因に対処し、関係を修復するための積極的な取り組みが必要です。ただし、最終的には、両者が関係の改善に向けて努力し、コミットメントを新たにする意志があるかどうかが鍵となります。